TAG Fintertech株式会社

どんな事業か?

デジタルアセット担保ローンは、暗号資産(ビットコイン、イーサリアム)を担保に資金を融資するサービスです。
暗号資産を売却することなく法定通貨を借入することができるため、法人や個人事業者の新たな資金調達手段として徐々に認知度が高まってきています。
当該領域は圧倒的に海外が先行しており、2018年の立ち上がりからわずか3年で既に1.5兆円以上の貸付残高が積みあがっています。(※当社調べ)
一方、日本ではまだ事業者がほとんど存在せず、まさにこれからの成長が期待できる事業領域となっています。
これからこの暗号資産金融領域において、ローン事業のグロースやその他商品開発など、デジタルアセットファイナンス手段の提供を積極的に行っていきます。

なぜやるのか?

Fintertechは、次世代金融創出により新たな投資を可能とすることで、人それぞれが持つ「価値」の最大化を目指しています。そして、暗号資産とその実現技術であるブロックチェーンは、こうした世界観の実現において非常に重要な役割を果たすと考えています。しかしながら現状の暗号資産は、その価額の上下にばかり注目が集まり、保有者のとりうる選択肢も限られていることから投機対象と見られがちです。
こうした状況を打破し暗号資産のマスアダプションを推進するべく、「デジタルアセット担保ローン」ではまずは暗号資産の担保としての価値に注目し商品化を行いました。大手金融機関グループの信用力、資金調達力を背景としつつ、ベンチャー企業の視点、機動力で行動が可能なFintertechならではのポジショニングで、暗号資産領域にて新たな価値を次々と提供していきたいと思っています。