株式会社HashHub

暗号資産レンディングサービス開発エンジニア

株式会社HashHubは、ブロックチェーン特化のコワーキングスペース運営を始めとするコミュニティ事業、ブロックチェーンに関する調査・検討段階から一歩先に進んでサービスローンチに向けたコンサルティング・共同開発、法人・個人向けのリサーチサービス、新規金融事業開発ほか、ブロックチェーンの社会実装の推進を目指し、法人向けブロックチェーンの導入支援事業を展開しています。

株式会社HashHub / 暗号資産レンディングサービス開発エンジニアの求人情報

仕事内容2021年12月に正式システム版としてリリースした HashHub レンディングの開発を担当していただきます。現時点でのブロックチェーンに関する知識や開発経験は必須ではありません。Web アプリケーションを成長させていくための実力を最も重視します。

【担当領域・業務内容】
担当領域や業務内容は、スキルやご経験と本人の意思を尊重して決定します。現状としてまだそれほど大きなチームではないので、より歓迎するのはフロントエンド・バックに当たり、最終的にユーザーに価値を届けることを強く意識しながら働いていただきます。エンド・インフラの各領域問わずに手を動かせる人です。ただし、いずれかに専念する専門性を持って臨みたいという希望があればそれも尊重します。

【入社後に期待すること】
・入社1ヶ月で開発フローの理解や社内のコミュニケーションが円滑にできるようになること
・入社3ヶ月で大半の機能開発タスクを1人で担当できるようになること
・入社6ヶ月でサービス主要部分のアーキテクチャを深く理解しており、影響範囲の広い機能開発を主導できること。また、主体的に技術的負債の返済や、より効率的な開発環境の改善提案などができること
雇用形態正社員  
給与年収500~1,200万円
おすすめ年齢20代30代40代50代以上
待遇・各種社会保険加入(厚生年金保険、健康保険、雇用保険、労災保険)
・交通費支給
・HashHubリサーチの購読アカウント
・書籍購入/ジム代/語学費用の補助
・オフィスから2kmまたは2駅以内に住んでいる場合、家賃の一部を補助
・株式付与・ストックオプション制度あり(詳しくは面談時にお伝えします)
・試用期間:あり(3ヶ月)
・受動喫煙防止措置に対する事項:屋内禁煙
休日・休暇・完全週休2日制(土日祝日)
・有給休暇(初年度10日)
・特別休暇(慶弔休暇、産休、育児休暇等)
・年間休日平均120日
勤務時間【勤務時間】
フルフレックスタイム制

【勤務体制】
出社・リモートワーク選択可
必須スキル・経験・TypeScript での開発経験
・Webアプリケーションの開発経験3年以上(スキル次第で経験年数は問いません)

※ブロックチェーンの実務経験は必須ではありませんが、ブロックチェーンのどんなところに興味をもっているかは選考の中でお伺いさせていただきます。
歓迎スキル・経験・暗号資産やブロックチェーンについての基礎的な理解、興味や関心
・ドメイン駆動設計やクリーンアーテキクチャに対する基礎的な理解、興味や関心
・toCプロダクトのグロース経験
その他【求める人物像】
・知的好奇心があり、深い思考力で追求できる方
・オーナーメンタリティをもって主体的に動ける方
・チームでコミュニケーションを図り仕事を進められる方
・マルチタスクマネジメントができる方

【開発に利用している道具など】
まだリリースしてそれほど時間の経っていないサービスであることに加えて、開発チーム内外におけるより良い開発者体験のためへの投資についての理解もあるため、必要である理由を十分に説明さえできればどのようなフレームワーク・ライブラリ・ツールも導入できます。技術選定に興味や意見のある、怠惰であるがゆえに改善を進めずにはいられない、そのような方を歓迎します。

・主要言語
TypeScript(フロントエンド・バックエンド共に)
フロントエンド・バックエンドで同じ言語を使っていることで、共通のドメインロジックをそのまま流用できています。プログラムの領域を横断して機能実装を捉え、よりアプリケーションの振る舞いとユーザへの便益にフォーカスしやすい環境だと考えています。

・フレームワークやライブラリ
Next.js、ReactApollo、Nexus、Prisma、Jest
フロントエンドは Next.js 経由で React を利用しています。SSR(Server Side Rendering)はせずに事前にビルドして静的ファイルとして展開する SSG(Static Site Generation)で動作しています。バックエンドは GraphQL Nexus を利用して code-first なアプローチで GraphQL エンドポイントを構築しています。DB へのアクセスは Prisma を利用しており、型にアシストされた状態でのクエリ記述や、読みやすい独自のスキーマ定義でのデータモデリング、マイグレーション管理といったことができています。また、ドメイン駆動設計の文脈でのレイヤードアーキテクチャを参考にコードを整理しており、最もユーザにとっての価値に対して近い存在であるドメインとそのモデル化を意識すること、インフラストラクチャー層とアプリケーション層からドメイン層へという依存の方向を意識すること、これらによってドメイン内外の変更に強く、テストが容易なアプリケーションを作ろうとしています。

・インフラ
AWS(ECS、Fargate、ALB、RDS、SQS)、Vercel
インフラは Fargate を利用した ECS の一般的な構成です。Terraform によって大部分を管理しつつ、ECS のサービスを境界にしてその先は更新頻度が高く機動的にオペレーションしたいことが多いためデプロイツールを別で利用しています。

・環境
GitHub、Slack、Zoom、Notion
エンジニアは主に GitHub の Pull Request で非同期にコミュニケーションを取りながら、必要があれば Slack でテキストチャット、Zoom でビデオミーティングという形でやり取りをしています。情報の集約先は全社的に Notion を利用しています。

【暗号資産・ブロックチェーンとの関わり方】
業務においては、主に API 経由でブロックチェーンとのやりとりを行うシステムの開発・保守を行っています。またSlackで暗号資産・ブロックチェーンの最新動向の共有がなされている他、定期的な勉強会により知識を深めあう機会もあります。

【エンジニアとしての働き方】
開発するサービスのビジョンをよく理解し、その中で求められる要件についての定義から実装・テストまで全ての段階において、他のチームメンバーと自律的に協力して作業していただきます。

【募集チームからのメッセージ】
HashHubはまだまだスタートアップ企業です。ただのいちエンジニアとして入社して頂くのではなく、創業メンバーとして会社を一緒に創り上げていく仲間を募集しています。仕事の範囲は決して与えられるばかりのものではなく、能動的に作り出すような積極性を求めます。ビットコインがそうであったように、今の社会をただ良しとはせずに疑問を持ち続け、引いては何らかの革新的な変化を人々にもたらすような組織でありたいと考えるメンバーが集まっています。暗号資産・ブロックチェーンが、よりたくさんの人々にとって身近で良いものとなる世界を一緒に作っていきましょう。

株式会社HashHubの企業情報

企業名株式会社HashHub
住所〒113-0033
東京都文京区本郷3–38–1
本郷信徳ビル7階
アクセス本郷三丁目駅 徒歩4分
湯島駅 徒歩11分
URLhttps://hashhub.tokyo/
企業概要プロダクト開発
リサーチ・コンサルティング
ブロックチェーン特化型コワーキングスペース運営